Book Review Storage

書評のブログ。

【書評】「何進(三国志名臣列伝 後漢篇)」(宮城谷昌光)を読んでの感想

はじめに

中国の漢(後漢)の時代の人物について書かれた短編です。
主人公である何進は、元は肉屋の倅であったのですが、妹が皇后となったことにより、宮中にはいり、将軍にまでなります。
理解しがたい出世の話です。
何進は宮中で能力を発揮し、やがて始まる漢の終末の動乱に巻き込まれていきます。
古代の中国らしく、権力の奪い合いや謀略が数多くめぐらされ、その中を何進は進んでいくのです。

あまり、詳しくはないのですが、三国志にも何進は登場します。
序盤に出てくる人物ですが、ここまで深く掘り下げられているのには、正直驚きました。

運命に翻弄されるように、国が壊れていく様を止める旗振り役となった何進の物語です。

目次

キーワード3選

血縁

何進が出世できたのは、何よりも妹が宮中にはいり、皇后となったおかげです。
動揺に何進の家族は宮中に入り、それまでとは別世界と言ってよい暮らしをするのです。
また、妹が皇帝の子を産んだことにより、次代の皇帝を選ぶ争いにも巻き込まれます。
血縁が重要視され、家族の生きざまがお互いに大きく人生へ影響する様相は、異様にも思えました。

人の不合理さ

合理的に生きられない人々の姿も印象に残ります。
自分の全財産を娘のために賭けてしまう何進の母親の姿が最たるもののように思えました。
欲に忠実であるといえばそれまでですが、理解しがたい部分もあります。
客観的に、見つめていた何進が出世したというのも、何とも興味深いことです。

袁紹

何進三国志の史実の中で、はやくに暗殺されてしまいます。
袁紹は、何進により官途につき、協力して宦官を抑えようとした間柄です。
何進は歴史の舞台からは去りますが、袁紹大きな物語の中に身を移していくのです。
2人の運命からは、史実の面白さが感じられると思います。

おわりに

三国志の始まりのストーリーでもあるなと思いました。
何進という人物への関心はあまりなかったのですが、このような興味深い人物がいたのかと驚きました。
史実には多くの人物がいますが、それぞれの物語を追っていくと、歴史を多面的に捉えられることが分かります。
歴史の面白さが凝縮された、楽しめる作品だと思います。