Book Review Storage

書評のブログ。

村上春樹

【書評】「走ることについて語るときに僕の語ること」(村上春樹)を読んでの感想

はじめに 村上春樹さんが、ご自身のランニングの経験を書き綴ったものになります。練習や、参加したレースについて、また、走ることと小説家としての生活とのかかわりについて書かれています。一遍ごとのつながりはあまりなく、テーマごとに書かれている印象…

【書評】「ラオスにいったい何があるというんですか?」(村上春樹)を読んでの感想

はじめに 村上春樹さんの旅行記がまとまった本です。旅先は国内から外国まで様々です。 一つ一つが短くまとまっていて、読みやすいですね。 この本のテーマの一つは、再訪と再会だと思います。一度、住んだ場所を訪れたり、旧知の知り合いと旅をする。2回目…

【書評】「ポートレイト・イン・ジャズ」(村上春樹・和田誠)を読んでの感想

はじめに 有名なジャズミュージシャンについて村上春樹さんによって書かれた本です。和田誠さんの絵と文章が一緒に載っています。村上さんのジャズへの造詣の深さに本当に驚かされます。ミュージシャンの紹介という側面も当然ありますが、村上さんの感じたこ…

【書評】「遠い太鼓」(村上春樹)を読んでの感想

はじめに 村上春樹さんが1980年代後半にヨーロッパに滞在していた時に書かれた旅行記です。当時書いていた小説として、「ノルウェイの森」、「ダンス・ダンス・ダンス」が出てきます。小説を書いていた時期の心境を知ると、やっぱり読んでみたくなりますね。…

【書評】「やがて哀しき外国語」(村上春樹)を読んでの感想

はじめに 村上春樹さんがアメリカに滞在されていた時期にかかれたエッセイを集めた本です。1990年頃のアメリカの話になります。 村上春樹さんのエッセイの中でも、海外での暮らしのエッセイはより楽しめるものになっていると思います。気軽に読めて、当時の…